石田ゆかり 占い 2017 山羊座


まさに、時間のない現代社会に生きる私たちにぴったりの占い。 それが、メール占いです。 タロット占いレトワールは、メールで行うタロット鑑定です。 毎日仕事や家庭のことで精一杯。 占ってもらいたいのに、行けない、時間がない。 そういう方は多いでしょう。 事実私も毎日残業に追われ、占いをしてもらう時間などあるわけもなく…。 自分で自分を追い詰める毎日…これってとても辛いですよね。

そんな忙しい私たちでも気軽に始めることのできるレトワールメール占いは「いつでも」「どこでも」できる点が魅力的です。 24時間好きなときに占ってもらうことが可能なのですよ。 夜中、ふと不安になったときにその思いをレトワールの占い師に相談することだってできます。 これからは夜中に一人で思い悩む必要もないのです。 メールでやりとりを行うので、口に出しにくいことも伝えることができます。 対面占いとは違い、レトワールの占い師を目の前にするわけではないので変に緊張することはありません。 レトワールメール占いならゆっくりと冷静に自分の気持ち、現状を伝えることができます。

自分の占ってほしいこと、現状や今の気持ち、どうかわりたいか等々・・・・・。 中には霊視やスピリチュアルの強い占い師もいますが、鑑定内容は明確に伝えることが大切です。 対面占いの場合、あれを聞き忘れた、こういう事情を話すのを忘れた等の言い忘れ聞き忘れが多いですがメール占いの場合はそういった心配はいりません。 私はメール占いというジャンルを知らなかったので、メールだと適当に扱われそう、満足のいく結果が帰ってこないかも?という不安がありました。 しかし結果はとても満足のいくものでした。 私の場合、相談してその日のうちに鑑定結果が帰ってくることが多かったです。 遅くても二日以内でした。 鑑定結果は占い初心者の私でもわかりやすい文章で伝えてくれました。

タロット占いレトワールで使われている占術

タロット占い

タロット占いレトワールのサイトの名前にも入っている占術です。 タロットと呼ばれるカード78枚を用いた占術です。 カードをシャッフルし、導き出されたカードに描かれている絵から運命を導きます。 偶然引かれたカードに意味があるのです。 タロット占いは偶然の中に必然、運命を見出す占術です。 その瞬間の偶然性を大切にする占術なので遠い未来を占うことは苦手です。その代わりにそのとき、その瞬間の近い未来を占うにはぴったりの占術です。

易占い

中国3000年の歴史の中で生まれた占術です。 紀元前の頃から使用され、信頼されてきました。 筮竹(ぜいちく)という細い竹の棒を使って占います。 筮竹(ぜいちく)の他にも算木(さんぎ)、さいころなどの道具を使って占うこともあります。 抽象的なことではなく具体的なことを鑑定することに長けています。 やるか、やらないかなどはっきりとした答えを出すことができる占術です。 易占いは何度も同じことを占って良いものではありません。 一番最初に出た結果が、一番信頼できる結果です。

西洋占星術

天体を元にしたホロスコープを作成し、運命やその人の性質、性格などを読み取ります。 ホロスコープを作成するためには生年月日、出生時間、出生地などが必要です。 生まれたときの星の位置で運命が決まります。 最近では出生時間や出生地を使用せずにお手軽な西洋占星術も使われています。 西洋占星術の代表は皆さんも良くご存知の星占いです。 星占いは出生月日だけで運命を読み取っているので、すこし的中立が下がります。 生年月日、出生時間、出生地全ての項目から作成したホロスコープを使用することで的中率はかなり高くなります。

対面式ではないスタイルの占いが今は当たると評価が高いようです

占い師に特殊な能力があれば電話占いで遠隔鑑定もできます。霊能力を発揮出来る占い師・鑑定師は電話占いサイトに多く登録されています。これならば24時間いつでもどこでも、すぐに問題を解決できちゃいます。「電話越しでも本当に正確な鑑定ができるんだろうか?」、そんな不安に駆られる人もいるでしょう。

心配はありません。特殊な能力を持っている鑑定師・占い師はどれだけはなれていても発揮できます。悩みがあるならば早めの相談しましょう。

占い師のところへ訪問する手間

電話占いは、占い師のところへ訪問する手間がありません。電話も苦手ならばメール鑑定もできます。一度問い合わせてみる価値があるでしょう。男性は仕事で悩みやトラブルを抱えている人が多いです。男がうじうじと悩みを持っているのは格好が悪いし、最悪は精神的な疾患になりかねません。

平気なふりをしていても解決はしないのです。解決策がなければ悩みはいつまでも心につきまといます。プライベートの生活にも悪影響がでてしまってストレスになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ